他サイト様RSS

広告

≪黒い砂漠≫マノスシェフの服と、銀刺繍シェフの服の比較

その他, 黒い砂漠

先日マノスシェフの服真Ⅳが出来たので、色々比べてみる。

あくまで自分の場合です。

熟練度が高くなるほど上がるボーナスも増えるので、

『マノス(熟練度1250代)、銀刺繍(熟練度950代)』
『マノス(熟練度800代)、銀刺繍(熟練度500代)』

同じ熟練度300の差でもマノスと銀刺繍の熟練度ボーナスの差は全然違ってきます。

 

納品額の違い

これに関しては前回も書いたので、そのままコピペ。

自分の場合だと、料理の道人箱の納品額が

マノス服無し  996,689シルバー
マノス服有り 1,106,701シルバー

110,012シルバー上がった。

仮に、真Ⅳマノスシェフ服の作成費用が30億だとしたら、納品代だけで元を取る為には…

3,000,000,000 / 110,012 = 27,270

道人箱27,270箱納品してやっと元が取れる。

一日200箱納品したとしても136日。

4か月以上毎日200箱の道人箱を納品して、やっと元が取れるようになる。

納品頻度が少なかったり、職人、名匠箱だと元が取れるようになるまでもっと日数がかかる。

 

料理時間の違い

銀刺繍料理服だと料理時間-〇秒が付いているが、マノスシェフの服には付いていない。

銀刺繍の場合は、
上級料理台 -1秒
クリナリアンアバター -2秒
錬金石 -1.1秒や-1.4秒など
新緑の霊薬 -1秒
海鮮クロン定食 -0.6秒

上記の様に色々バフを盛れば、銀刺繍+2程度でも1秒料理が可能になる。

しかし、マノスシェフの服には料理時間短縮が付いていないので、↑の装備に煌く生命の錬金石(-1.7秒)を付けたとしても3.7秒料理になる。

銀刺繍の1秒と、マノスの3.7秒だと3.7倍の差ができてしまう。

そう思っていた時期が自分にもありました…

大量料理発生確率がマノスシェフ服の場合はもっと上がるので、実際には3.7倍も差があるわけではない。

大量料理発動確率はたった12%の差かもしれないけど、実際に計った感じ…

銀刺繍 1秒料理 4分30秒

マノス 3.7秒料理 11分50秒

マノスは銀刺繍に比べて約2.7倍の時間かかることに。

3.7倍かと思っていたが、意外と差が少なかった。

細かく言うと、計算上は1秒料理だけど、実際はタイムラグがあるので、約1.2秒料理になるし、3.7秒じゃなくて約3.9秒になるんだけどそれについては割愛。

 

取得経験値の違い

銀刺繍には料理経験値獲得+〇%が付いていますが、マノス服には付いていません。

昔に比べて今は生活経験値バフも増えているので、25%(銀刺繍+4の場合)くらいは誤差の範囲になりそうです。

生活の書+50%、終末の月の秘伝書+50%、プレパケ+30%、クロン定食+10%、新緑の霊薬+20%、クリナリアンアバター+15%、別荘+10%、他にもペットや生活熟練度アクセサリー単体やセット効果…

マノスアクセ真Ⅲで揃えると、指2、耳2、首に生活経験値8%が付き40%、さらにセット効果で15%なので合計55%

消耗品は生活の書、終末の月秘伝書、霊薬、定食、別荘くらいでも+300%くらい盛れます。

そう考えると銀刺繍単体の25%は小さく思います。

 

できる料理の違い

皇室納品も、マノス服を強化するコスト考えたらショボイし、料理時間も2.7倍かかるんじゃ、銀刺繍で良くね?マノスシェフ服って地雷じゃん!

そんな風に思っていた時期もありました。

しかし、↑のように熟練度が上がると、基本料理のできる個数が増えたり、上位品の料理のできる確率や個数が増えます。

これが意外と増える!

もちろん熟練度によって増える数は変わります。

 

検証系はめんどくさいのであまりやらないのですが、せっかくなので焼いたソーセージ900回を各14セットメモってみました。

データが少ないので偏りはあるでしょうが、マノスシェフ服を使った時の方ができる数が目に見えて多いです。

焼いたソーセージでは単価が安いので、完成品の個数差を計算しても数Mにしかなりませんが、定食系など値段の高いものを作るときは10M前後の差になります。

仮に、取引所価格の高いメディア定食を例にすると…

メディア定食 48,000シルバー
特製メディア定食150,000シルバーの場合

銀刺繍の場合は900回分で174,030,000シルバー
マノスの場合は900回分で184,608,000シルバー

その差は約10.5Mシルバー

料理時間7分20秒遅くなる代わりに、10.5Mシルバー高くなる。

1時間だと75.6Mの差に。

こう見ると利益の差は大きく見える。

しかし、銀刺繍はマノス1回分の料理時間で2倍以上料理できるので、その分多く料理をした方が最終的な時間利益は多くなりそう。

材料は無限ではないので、貴重な材料を使う場合はマノスの様な熟練度装備はありかもしれないと思ったけど、肉も取引所で買えるし、牛乳も昔に比べて入手しやすくなったので出番はあまりなさそう。

 

そうなってくるとやっぱマノスいらなくね??

しかし、時間はマノスの方が2.7倍多くかかるという結果になったけど、銀刺繍の方が材料入れ替えの回数が多いので、その時間を考えると実際の銀刺繍とマノスの時間の差は縮まるとは思う。

また、料理が出来次第すぐ次の料理をセットするような人にはマノスだと遅く感じるが、料理終わっても放置しているようなプレイスタイルの人には時間の差はあまり問題無いので、マノスなどの熟練度装備も良いかもしれない。

 

 

というわけで、実際に使い比べた所マノスシェフ服は微妙な結果になってしまった。

銀刺繍1800回分セットして、10分後にまたセットしなおすのも面倒くさいなぁ…なんて時にはマノス服を使っていこうと思います。

シェフ服はサクッと出来たし、そもそも装備に対して元を取るという考えはナンセンスかもしれませんが、納品値段は確実に上がるので、いつかはマノス服Ⅳの市場値段分くらいは元取れそうな気がします。

 

料理レベルがあがり道人Lv50になったとすると、銀刺繍熟練度1200代、マノス1500代になる。

同じ熟練度300差でもまた違った結果になると思うので、その時にはまた比べてみたいと思います。

バースディバフを使ってガッツリ料理錬金時間を取りたいけど、中々やりたいことが多すぎて進まない。

しかし、今は突発物々交換が出ない状態なので海洋のモチベダウン。

更新回数2回分使って即時更新ができるようになったので、回数減らしてその時間を料理など別の事に充てたいと思います。

 

ではでは~ノシ

いいね!と思ったらポチッとお願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

いいねぇぇぇぇぇ!!!! 6
読み込み中...