他サイト様RSS

広告

≪黒い砂漠≫2024年1月5日テストサーバーアップデート翻訳

黒い砂漠

スキル部分のみ

スカラーの画像部分は機械翻訳そのままです。

注意

テストサーバーの情報なので、日本実装時には変わる場合があります。

また、一部意訳を含む場合があります。

誤訳があるかもしれませんので、あくまでも参考程度にご覧ください。

何か分からない事、間違いがあればお気軽にコメントください。

追加と改善

キャラクター 

過去の黒い砂漠研究所の更新案内以後、各圏域の多くの冒険者が皆さんが各方案に対する意見をたくさんお送りいただきました。

このうち、2番目の方法について特に冒険者の皆さんが多くの意見をいただきました。
多くの冒険者が皆さんが意見をいただいた方案であるだけに、この方向に基づいて冒険者の皆様の意見を聞き、また検討し、アップデートのお知らせをお聞かせいたします。

もちろん、この方向が完全にすべての冒険者を満足させる方法ではないということもよく知っています。だからもっと頑張って、また慎重に検討して不足している部分を補完していき、発展させていきたいと思います。
これらのニュースはより激しく議論しテストし、冒険者の皆さんも黒砂漠研究所でこれを体験していただけるよう準備します。

今日は上記の状況とは別に、現在公式サーバーで冒険者の皆様がお送りいただく意見や実際に基づいて一部不便な部分は改善するとともに、一部のクラスの強みがあまりに目立った場合にこれを調整する作業が行われました。

↓先週の内容

先週の研究所に適用されたバランスパッチの目的は、防御判定が貧弱なクラスの狩り安定性を高め、大規模な戦闘で簡単に倒れやすく死ぬ現象を解決しようとしました。これをまず確実にし、その後1:1や小規模戦闘のバランスをさらに調整しようと考えました。しかし、先週のパッチには長所もありましたが、明らかにPvPに大きな影響を与える点についての懸念に共感する方が良い方案を悩んでいます。
現在、3つの方法を考えています。

最初の方法は、過去の研究所バランスのように防御判定をすっきりさせて生存力を高め、この防御判定を突き抜けるスキルまたはオプションを追加する方法です。
これにより、狩りでは効率が良くなり、生存性が上がり、PVPでの生存性も従来よりも良くなると見ています。ここに1:1や小規模戦闘では、新たに追加される防御判定を突き抜けるスキルを活用して戦闘を続けることができるようにする方法です。

2番目の方法は、スーパーアーマーの数を減らし、前方ガードを増やして生存性と狩猟の利便性を高め、PVPダメージを減らして全体的な生存力を高める方法です。これに伴い、多くの冒険者が着実に話してくれる部分であるキャッチがないクラスは、裏方幕を攻略できる手段がないため、裏方幕をなくしてPVPでは皆に機会を提供しながら、コントロールによって防御判定の効率を高めることができる方式です。

最後の3番目は、先週のパッチを維持しながら、すべてのクラスにキャッチを追加する方向です。キャッチは状態異常の中で最も強力であり、これによる変数が多すぎるため、この部分を確実にとっていくという意図です。* 例えば、ブレーダー、ツバキのように移動に強みがあるクラスの場合、キャッチを与えれば移動の強みをナフする必要があるため、いくつかの方法を悩んでいます。

まだこの方法のどれが良いかについては冒険者の皆さんの意見も一緒に耳を傾けて聞きたいと思います。全体的な進行計画を申し上げると、短期的には韓国はもちろん、すべての地域の拠点戦、占領戦、ソーラーレの窓などの指標を参考に相対的に弱いクラスを上方調整し、過度なクラスも必要に応じて先に調整していきたいと思います。長期的な観点からも、より良いパッチ方向を模索し続けます。黒砂漠研究所を通じて、私たちが考える方向と悩みもより多く共有し、また皆さんが気になるPvPに関連するクラス指標もより多く共有しながら共感できる状況を増やすために努力します。

2023/12/29のアップデートページより
https://www.global-lab.playblackdesert.com/News/Notice/Detail?boardNo=2143&countryType=en-US&boardType=0&searchType=&searchText=&currentPage=1

ソーサレス

覚醒

ブラッディゲイル

  • スキルを使用時 スキルの始まりに、カメラの向きに応じてキャラクターがすぐに回転してスキルを発動するように変更されました。
    • 欠片を消費してもう一度前方に発動した時も同様に変更されました。

レンジャー

覚醒

エアスラッシュ

  • エアスラッシュスキルを使用後、キャラクターが地面に素早く着地するように変更されました。
  • モンスターと近接して使用する際、断続的にモンスター上で動作が終わった現象が修正されました。
  • 着地動作中にキャラクターが虚空にある場合、すぐに落下動作が出るように修正されました。

ツバキ

メイン武器、伝承

強:蒼旋刃

  • 迅駆スキルを使用後 強:蒼旋刃スキルでスムーズに連携するように改善されました。
  • 強:蒼旋刃スキルを使用後、復帰動作中はカメラの回転に関係なくキャラクターの向きが固定されるように変更されました。

落花斬り

  • 前方迅駆後には1打撃から、後方伸び後には2打撃からスムーズに連携するように改善されました。

覚醒

蒼旋刃

  • スキルを使用後、次のスキルでスムーズに連携するように改善されました。
    • 凍飆
    • 冰足
    • 弓術:回避ショット
    • 凍縛
    • 武士道、武の極:心眼之刃
    • 武の極:紅月

霜柱

  • スキルを使用後、他のスキルとスムーズに連携するように改善されました。

コンボ:冰柱霜華

  • スキルを使用後コンボ:霧氷烈華、アイスファン2打撃、冰足スキルでスムーズに連携するように改善されました。

冰足

  • 冰足を左/右方向に使用したときにキャラクターがぎこちなく回転していた現象が修正されました。

ウィッチ

覚醒

稲妻の洗礼

  • 詠唱中にコンボ:マナアヴォイド、元素化スキルに連携できるように改善されました。
  • スキルを使用後コンボ: マナアヴォイドスキルにスムーズに連携するように改善されました。

くのいち

メイン武器、伝承

苦無防御

  • 苦無防御中に持久力を消費しないように変更されました。
    • Q キーストロークを維持しなければガードが連続して保持されるように変更されました。
    • 防御成功時に押し出される距離が減少しました。

奥の手

  • スキルの発動条件が持久力が400以下で防御成功時に発動されることから、防御成功後左クリック時発動することに変更されました。

伝承:苦無投げ、影縫い

  • 伝承:苦無投げスキルを空中で使用した時、以後影縫い使用時スキルがすぐに発動されるように改善されました。
  • 伝承:苦無投げスキルを空中で使用する際の動作連携速度が改善されました。

覚醒

コンボ: 円舞

  • コンボ: 円舞使用時の影分身がより早く登場するように変更されました。

廻天連舞

  • 廻天連舞スキルを使用中、前方に移動する移動速度が小幅上向きになり、キャラクターが眺める方向に移動が可能に変更されました。
  • 廻天連舞スキルを使用中に移動する動きがキャラクターを通過しないように変更されました。

殺迅

  • 殺迅スキルを使用時、中間に敵があっても常に最大距離を移動して攻撃が発動するように変更されました。
    • これによりスキルを使用中に左クリックを押して移動中に攻撃を使用できるように変更されました。

忍者

忍者は覚醒の場合、隙無煉斬スキルの近接攻撃力増加効果をコンボでも受けるようにバウンド効果をPvPでは適用されないように変更されました。また、絶影斬スキルを活用して奇襲をしたり、移動に活用できるように修羅刀スキルを使用した後は、常にすぐに発動するようにしました。 

メイン武器、伝承

強:心衝、影縫い

  • 強:心衝スキルを使用後、影縫いスキルがすぐに発動するように変更されました。

強:煙玉

  • 強:煙玉スキルの再使用待機時間が12秒→10秒に変更されました。

監視態勢

  • 忍:闇葬、幻影蓮角の如しスキルを使用後、右クリック時後方に監視態勢を発動するように改善されました。

覚醒

一刀両断

  • 仕事も両端スキルの集まりがより早く完了するように変更されました。
  • 仕事も両端スキルの収集状態の表示が実際に収集する動作に合わせて表示されるように変更されました。

隙無煉斬

  • スキルのバウンド効果がモンスターにのみ適用されるように変更されました。

絶影斬

  • 他の覚醒スキルを使用後に絶影斬使用時、スキルが常にすぐに発動するように変更されました。
    • ただし、スキルスロットや単独発動時は従来と同じです。

ミスティック

覚醒ミスティックは戦闘中にダメージを流しながら(あるいは受け取りながら)、着実に相手にダメージを累積させる方式に有利になっています。ただ、現在覚醒ミスティックは防御に緻密なセッティングを通じて攻撃的な部分を多く放棄しなければ戦闘中の被害に耐えられる状態でした。この部分をもう少し補完するために、爆波脚スキルにあるスキルの動作ごとに回復する生命力回復効果を主なスキルである撃龍蒼波、蒼龍天昇、蒼龍覇拳スキルに移して被害を入れながらも生命力を着実に回復するできるようにしました。また、闘氣を消耗して撃龍蒼波、蒼龍天昇、蒼龍覇拳を使用した場合、ダメージが高まるだけに、一度のコンボでも闘氣を消耗して強化するスキルを複数回使えるように、該当スキルたちの闘氣消耗値を調整しました。

メイン武器、伝承

瞬動、連肘打

  • 瞬動以後連肘打スキルに連携時に移動距離が減少していた現象が修正されました。

瞬動、強:飛天脚

  • 瞬動以降 強:飛天脚連携時1打撃から発動するように変更されました。

強:飛天脚

  • 強:飛天脚スキルの浮く効果が初打撃で適用されるように変更されました。

覚醒

撃龍蒼波、蒼龍覇拳

  • 狂嵐蹴スキル以降、撃龍蒼波、蒼龍覇拳スキルでスムーズに連携するように改善されました。

龍沼波

  • スキルを使用後、他のスキルとスムーズに連携するように改善されました。
  • 再使用待機時間が25秒→20秒に変更されました。
  • 手甲状態でもスキルスロットで発動できるように改善されました。

水渦爆閃

  • 水渦爆閃スキルを使用後、撃龍蒼波スキル連携時、集める動作なしですぐに発動するように変更されました。

爆波脚

  • スキルを使用時、動作ごとに生命力を回復する効果が削除されました。
  • 打撃成功時に生命力回復効果が追加され、打撃ごとに生命力が30ずつ回復します。
    • これにより、闇の精霊:爆波脚スキルも一緒に変更されました。

撃龍蒼波

  • 溜め完了時に適用される生命力回復効果が削除されました。
  • 溜め完了時には闘氣消耗なく蒼龍効果を発動できるように変更されました。
  • スキルを使用すると、生命力が200回復するように変更されました。
    • 闘氣を消費して発動時には回復量が300に増加します。 
      • これはすぐに発動する場合も含まれます。
  • 闘氣が2個だけあっても、闘氣2個を消費して蒼龍効果が適用されるように変更されました。
  • スキルを使用中に連携できる瞬動は、溜めが完了した後にのみ発動できるように変更されました。

蒼龍天昇

  • スキルを使用すると、生命力が200回復するように変更されました。
    • 闘氣を消費して発動すると回復量が300に増加します。
  • 闘氣が1個だけあっても、闘氣1個を消費して蒼龍効果が適用されるように変更されました。

蒼龍覇拳

  • 闘氣が1個だけあっても、闘氣1個を消費して蒼龍効果が適用されるように変更されました。
    • これにより、既存の闘氣が1つだけあるときに発動する効果は削除されました。
  • スキルを使用すると、生命力が200回復するように変更されました。
    • 闘氣を消費して発動すると回復量が300に増加します。

セージ

伝承セージは、PvPでの高いダメージと亀裂の環を介した外乱と安定性確保により、多対多戦闘で強い姿を見せてきました。スキルごとに詠唱動作があり、全体的に遅いクラスであるだけにダメージの最大値は高いレベルに維持するが、亀裂の環スキルを使用時キャラクターが消えて得られる利点とスキル終了時に受けるスーパーアーマーバフを得る間隔を増やしてより慎重な状況判断を要求するように変更されました。
また、強:時空加速スキルの効果で得られる再設定に使用した際、リスクのある主力スキルを使用したときは、さらにゲインをもたらせるように調整しました。

メイン武器、伝承

強:形象駛走

  • スキルを使用時、魔法攻撃力増加+16効果が削除されました。

強:時空加速

  • カイブ制御、アトルの荊スキルでは時空加速効果が得られないように変更されました。
  • 次のスキル使用時時空加速効果が2回適用されるように変更されました。 
    • 大崩壊
    • コンボ: 最後のいざない
    • アトルのサークル(?)
    • 空虚の関門
    • 次元圧縮
    • 亀裂の束縛
    • アトマギア
    • 強:球電放流
    • 強:真雷魔槍

※闇精霊スキルの場合、時空加速効果が4回適用されます。

 強:亀裂の環

  • スキルの再使用待機時間が4秒→7秒に増加しました。 
  • 次のスキルのダメージが調整されました。
スキル名変更前変更後
強:アトルの膺懲 I~III打撃ダメージ 888/1065/1278% x 3、最大4打撃PvPダメージ減少率60%打撃ダメージ 932/1118/1342% x 3、最大4打撃PvPダメージ減少率62%
強: 空間閉鎖 I~III1 打撃ダメージ 1115/1339/1607% x 5
2 打撃ダメージ 1115/1339/1607% x 7
PvPダメージ減少率41%
1 打撃ダメージ 1204/1446/1736% x 5
2 打撃ダメージ 1204/1446/1736% x 7
PvPダメージ減少率45.4%
強:アトルの印章 I~III打撃ダメージ 1334/1557/1777% x 8PvPダメージ減少率62.5%打撃ダメージ 1441/1682/1919% x 8PvPダメージ減少率65.3%
強:形象駛走 I~IV打撃ダメージ 717/861/1005/1149% x 2、最大7打撃
PvPダメージ減少率53/53/52.9/52.9%
打撃ダメージ 767/921/1075/1229% x 2、最大7打撃
PvPダメージ減少率56%
強:アトルの源 I~IV打撃ダメージ 1518/1680/1844/2011% x 10
PvPダメージ減少率60.1%
打撃ダメージ 1624/1798/1973/2152% x 10
PvPダメージ減少率62.8%
強:球電放流1 打撃ダメージ 1318% x 5
2打撃ダメージ 1318% x 10
PvPダメージ減少率68.5%
1 打撃ダメージ 1384% x 5
2打撃ダメージ 1384% x 10
PvPダメージ減少率70%
次元圧縮1 打撃ダメージ 1042% x 11
2 打撃ダメージ 1042% x 10
3 打撃ダメージ 1210% x 4
PvPダメージ減少率 1,2打撃 50% / 3打撃 52.2%
1 打撃ダメージ 1150% x 11
2打撃ダメージ 1150% x 10
3打撃ダメージ 1295% x 4
PvPダメージ減少率 1,2打撃 53.3% / 3打撃 55.6%

コルセア

伝承コルセアは、強:航路捻りスキルの他に、強:マレカ:浪漫遊泳スキルを活用して、より相手に頻繁に状態異常を狙えるようにしました。また、強:マレカ:浪漫遊泳スキルの合わせにくい移動中に打撃をなくし、状態異常を入れながら素早くダメージを入れられるようにしました。

メイン武器、伝承

強:マレカ:浪漫遊泳

  • 再使用待機時間が20秒→12秒に変更されました。これによりスキル特化段階が3段階から2段階に変更されました。
    • 移動中は打撃がないように変更されました。これにより、最後の打撃のダメージが調整されました。
      • ただし、コルセアが通る軌跡にはガードゲージ回復不可効果が適用されます。
    • エアーアタックが追加されました。

マレカ:浪漫遊泳

  • スキル説明中に操作キーおよび浮かぶ効果の説明が実際の効果と異なって表示されていた現象が修正されました。

コンボ: 夢幻の宴会

  • 再使用待機時間が30秒→20秒に変更されました。
  • スキル効果アイコンに気絶表示があった現象が修正されました。

ドラカニア

覚醒ドラカニアはコンボ: マクタナンの翼とコンボ: 破滅の翼 特にコンボ: 破滅の翼スキルは飛行速度も早いほど遠くから飛行を開始して移動するが、魔人:滅砕突槍または魔人:嵐の襲撃スキルで瞬間的に消えたが現れながら状態異常を狙う場合、相手という立場で対処が難しかったです。これに少なくとも着地動作をした後に連携できるように変更し、相手の立場でも覚醒ドラカニアの動作を通じてある程度の対応が可能にしました。
また、マクタナンの心臓スキルの生命力回復効果が調整され、ドラカニアがコンボで生きていったとき、突然生命力を過度に回復する場合が減るように調整しました。代わりに、互いにコンボではなくダメージを交換する場合であるときは一定レベルの生命力は維持し続けるようにしました。

覚醒

コンボ: 破滅の翼

  • スキルを使用して飛行中は、魔人:滅砕突槍、魔人:嵐の攻撃、魔人:逆鱗突き、魔竜:逆鱗突きスキルに連携できないように変更されました。
    • これにより、飛行中E、右クリック、左クリック時着地動作につながるように変更されました。
  • 着地動作後、魔人:滅砕突槍、魔人:嵐の襲撃スキル連携がキャラクターが完全に着地した後に発動するように変更されました。
  • 着地動作後、魔人:逆鱗突き、魔竜:逆鱗突きスキルでスムーズに連携するように改善されました。
  • 左右回避中、着地動作後、魔人:滅砕突槍、魔人:嵐の襲撃、魔人:逆鱗突き、魔竜:逆鱗突きスキルでスムーズに連携するように改善されました。

魔人:逆鱗突き

  • 3打撃が移動し、発動時に持久力が150が消費されるように変更されました。これにより、持久力も回復しません。

魔竜:逆鱗突き

  • 移動して発動すると、持久力が150を消費するように変更されました。これにより、持久力も回復しません。

マクタナンの心

  • 魔人:生命の終焉、魔竜:鋭槍の宣告スキルを使用時、ドラカニアの生命力が50%以下なら最大生命力の5%ずつ2回回復から4回が回復するように変更されました。
  • 破滅の引導者スキルを使用時、ドラカニアの生命力が50%以下なら最大生命力の5%ずつ6回回復から4回が回復するように変更されました。
  • 魔竜:大地を引き裂く咆哮スキルを使用時、ドラカニアの生命力が50%以下なら最大生命力の5%ずつ10回回復から6回が回復するように変更されました。
  • 破滅の引導者 スキルを他のスキルを使用中に使用したとき、ドラカニアの生命力が50%以上回復されたにもかかわらず、断続的に追加で生命力が回復した現象が修正されました。

コンボ: 根絶

  • スキルのPvPダメージ減少率が27.3%から38.6%に変更されました。

メグ

覚醒メグはPvPで蝶躍、黄泉への足取り ->周舞連携を通じて瞬間的な奇襲をする時CCを命中するのに有利になるように設計されているが、厳しく状態異常を命中しても以後続くコンボの中で唐棹軟風スキルを使用時に防御判定がなく、1対1でない場合は常に敵を仕上げることができず、途中で抜け出さなければなりませんでした。これに少数および多数戦で唐棹軟風 -> コンボ: 労大風まで続くコンボは状況に応じて狙ってみられるようにする一方、覚醒メグが打って抜けるプレイのテンポをより速く取れるように鶴の伸びスキルの生命力回復量と再使用待機時間が調整されました。

覚醒

黄泉への足取り

  • 霊華の舞スキルをロックする場合、メイン武器状態で↑+右クリックで黄泉への足取りスキルが発動するように改善されました。

唐棹軟風

  • スキルを使用時、前方ガード効果が追加されました。
    • これにより本:唐棹軟風習得時効果が初打撃成功時に硬直に変更されました。

鶴の伸び

  • スキルを使用するとメグが回復する生命力回復量が最大生命力の30%→40%に増加しました。
  • 再使用待機時間が18秒→16秒に変更されました。
  • メイン武器状態でスキルスロットで発動できるように改善されました。

スカラー

ラバムの悟り – スキル深化

  • ラバムの悟り – スキル深化3種が追加されました。
    • 各錬成スキルは、56/57/58レベル以上のキャラクターで習得できます。
    • 錬成スキルは各レベルの錬成スキルごとに2つのうちの1つですが習得できます。
    • 深化スキルを習得するためには、先行スキルを習得しなければなりません。

56レベル:重力制御、素早い突進

重力制御スキル説明
素早い突進スキル説明

57レベル:コンボ:ゴールデンバリア、コンボ:ゴールデンギル

コンボ:ゴールデンバリアスキル説明
コンボ:黄金道スキル説明

58レベル:金色加護、重力屈折

金色の加護スキル説明
重力屈折スキル説明

56レベルスキル深化と57レベルスキル深化の操作キーが連携します。
例)素早い突進後コンボ:黄金道 


黒精霊の怒り拡張

  • スカラークラスに黒精霊の怒り拡張スキル3種が追加されました。
    • 黒精霊の怒り 10% : 闇の精霊 : スウィープアウェイ
    • 黒精霊の怒り25%:闇の精霊:アンチグラビティリープ
    • 黒精霊の怒り 50% : 闇の精霊 : 限界突破

闇の精霊:スウィープアウェイ

プレビュースキル説明

闇の精霊:アンチグラビティリープ

プレビュースキル説明

闇の精霊:限界突破

プレビュースキル説明

エールアット

  • エールアットスキルは次のように変更されました。
    • 狙われた対象に突進した方式で投げ打撃成功時、狙われた対象に関係なく前方に突進するように変更されました。 
      • これにより、傾斜した場所で使用時に対象を通り過ぎて捕まえようとした現象が改善されました。
      • また、突進中にカメラの向きに応じてキャラクターが回転するように変更されました。
        • ただし、突進中に障害物がある場合、その障害物を越えることはできません。
    • 投げ打撃の攻撃判定が緩和されました。
    • 投げ攻撃後、他のスキルにスムーズに連携するように改善されました。

アンチグラビティリープ

  • ジャンプ力が高い状態でアンチグラビティリープスキルを使用した際、断続的に動作がぎこちなかった現象が修正されました。

限界突破

  • 限界突破スキルを使用時、2打撃が早く続くように改善されました。

ハンマーステップ

  • ハンマーステップ スキルを使用する場合 スキルの先頭では、カメラの回転に応じてキャラクターがすぐに回転するように改善されました。

ポテンシャルエネルギー

  • ポテンシャルエネルギースキルを使用する際にマウスの動きが適用されないように変更されました。

グラビティコア設置、引力生成

  • 傾斜したところでグラビティコア設置 → 引力生成で連携時に間欠的に移動にならなかった現象が改善されました。
  • グラビティコア設置スキル以降、引力生成スキルでスムーズに連携するように改善されました。

グラビティコアの設置

  • グラビティコア設置スキル以降、他のスキルとスムーズに連携するように改善されました。

戦慄の錬成陣

  • 戦慄の錬成陣スキルを使用中に重力を回避し、退き書技スキルに連携できるように改善されました。
  • エルビアの領域で古代精霊の力を得たときに使用できるスキル「エルビア:空間を教える」スキルが追加されました。
  • 馬を捕獲する際に両手ハンマーがぎこちなく見えた現象が修正されました。
  • 両手ハンマースキルを使用後、ハンマースキル連携時に断続的に重力核外形が見られなかった現象が修正されました。




いいねぇぇぇぇぇ!!!! 3
読み込み中...
ブログランキング・にほんブログ村へ

↓ファンサイトリンク登録中 リンク先の♡を押して貰えるとモチベアップです