他サイト様RSS

広告

≪黒い砂漠≫追加ダメージや追加攻撃力について気になったこと

小ネタ, 黒い砂漠

今から書くことは、拠点戦勢や狩りガチ勢にとっては当たり前のことかもしれません。

いまさら何ってんだコイツww と思うかもしれませんが、ご了承下さい。

というか、自分でも今更気づいたのかとツッコミたくなります。

また実際に検証している訳では無いので、妄想のボヤキ程度でお読みください。

 

黒い砂漠は韓国産のゲームを日本向けにローカライズしているので、翻訳がガバガバな部分が多々あるんですよね。

表記が統一されていないのも毎度のことだと思って、深く考えていなかったんですよね。

しかし、twitterを見かけたつぶやきに気になるものがあり…

(攻撃力×スキル倍率)+追加ダメージ という計算方法なので、追加ダメージの数値が与える影響は少ない。
赤戦水晶で人間族+○○ダメージを盛りまくっても、思ったより火力でないのはそういうこと。

どなたか覚えてはいませんがそんな内容を見て、なるほど!もっとよく考えてみようと思うきっかけになりました。

 

 

色々比べてみる

とりあえず、アイテム説明欄に書いてある文章を並べてみます。(2020年1月26日現在)

 

クザカ、オピン、黒星
全ての種族追加ダメージ+○○
モンスター追加攻撃力+○○

ダンデ
全ての種族追加ダメージ+○○

クツム
モンスター追加攻撃力+○○

ナクの耳飾り
カーマスリビア種族追加ダメージ+○○

野獣の霊薬、狂奔のエリクサー
モンスター追加攻撃力+○○
クリティカルダメージ+○○%

怒りのエリクサー、狂乱のエリクサー
全ての攻撃力+〇〇

巨人の霊薬
全ての攻撃力+○○
全ての特殊攻撃力追加ダメージ+○○%

亜人、人間、グリフォン
△△種族に追加ダメージ+○○

錬金石
全ての攻撃力+○○

料理系
モンスター追加攻撃力+○○
全ての攻撃力+○○

スキル特化
自キャラ〇秒間、モンスタ―攻撃力○○増加

水晶(勇壮、無能、マカールロードetc…)
全ての攻撃力+○○

赤い戦場、虐殺水晶
△△種族追加ダメージ+○○

 

こうやって並べてみると、大きく分けで以下の2種類に分かれます。

追加攻撃力+○○

②△△種族に追加ダメージ+〇〇

 

攻撃力を上げるものと、追加ダメージを上げるものです。

(巨人や狂奔などの、『追加ダメージ+○○“%”』については後程書くので、今は省略します。)

 

例えば、野獣のエリクサーと亜人狩り、グリフォン、人間狩りのエリクサーの場合。

野獣の霊薬
モンスター追加攻撃力+15

亜人のエリクサー(青)
亜人種族に追加ダメージ+15

グリフォンのエリクサー(青)
カーマスリビア種族に追加ダメージ+17

 

攻撃面で見ると、野獣と亜人はどちらも+15なので一緒

グリフォン(青)は+17なので野獣より2高い。よってグリエリ飲んだ方が火力が上がる。

そう思っていました。

しかし、表記を良く見ると、野獣はモンスター”追加攻撃力”が上がる

亜人やグリエリクサーは”追加ダメージ“が上がる。

 

仮の計算ですが

(攻撃力500×スキル倍率1000%)+追加ダメージ20=5020

(攻撃力500+追加攻撃力20)×スキル倍率1000%=5200

同じ20でもどこに追加されるかで、全然ダメージが変わりますね。

実際には与える先の防御力の計算もあるので、もっと複雑なんでしょうが、赤戦水晶で人間族ダメージ追加盛り盛りでもダメージ思ったより上がらないなんて話を聞くと、なるべく追加攻撃力が上がるものを重視したほうが良さそうです。

なので野獣と亜人の同じ+15という数値ですが、野獣の方が火力が出るそうです。

しかし、1段階拠点戦などステ制限が掛かっている場合は、追加ダメージの恩恵が大きいようです。

 

 

ダメージ+10と、ダメージ+10%の違い

暗殺者のエリクサー(緑)
バックアタックダメージ量+10%

貫通のエリクサー(青)
バックアタック命中時、防御無視ダメージ量+10

防御無視という語句は除いて、ダメージ量+10%とダメージ量+10

これはダメージ量が単純計算すると10%UP(1.1倍)するようなものなので、全然違いますね。

(攻撃力500×スキル倍率1000%)×ダメージ量1.1倍=6000

(攻撃力500×スキル倍率1000%)+追加ダメージ量10=5010

分かりやすく考えるとこんな感じ。

さすがに普段考察なんてしない自分でも、この%があるかないかで意味が大きく変わるのはもちろん理解していました。

しかし、追加攻撃力と追加ダメージの違いなんて全く考えてことも無かったので衝撃的でしたね。

 

 

例えばツングⅣ×2からナクⅣ×2にすると、Aが4下がってAボナ1段下がるけどカーマス種族追加ダメージ+14のおかげでナクのほうが火力上がる。

そんなことを考えていましたが、追加ダメージは攻撃力ほど上がらないと考えると、火力面だけだとナクという選択肢は外れそうです。

エリクサーも亜人狩りやグリフォンのエリクサー1種類じゃ、野獣の霊薬には敵わないのかなと思ったり。

極カタンはモンスター追加攻撃力+○○だが、ダンデはすべての種族追加ダメージ。

ダンデに すべての種族追加ダメージ が追加されたが、極カタンとの差は大して変わってないんじゃないかなとか。

クザカ黒星の差を考える時にも、考え方を改めなきゃと思いました。

クザカⅤ
種族ダメージ+20
モンスター追加攻撃力+15

黒星真Ⅳ
種族ダメージ+17
モンスター追加攻撃力+32

今までは黒星は17+32=49

クザカ20+15=35

クザカ→黒星にすれば攻撃力14あがる!!!

なんて思っていましたが、改めて計算してみると差は…

クザカ→黒星にすると種族ダメージ3下がるけど、追加攻撃力が17あがる

カプラスを入れないでどっちも同じ攻撃力だとしたら、こう考えるべきなんでしょうね。

そう考えると、相当なカプラスを入れないと対モンスターに対しては黒星Ⅳ>クザカⅤになりそうです。

 

実際に検証するわけじゃないので、すべてどうなのかなぁ…なんて妄想ですが、色々と改めて考えるきっかけになったので記事にしました。

ただ、勇壮や無能、マカールロードなどであがる攻撃力と、武器の攻撃力が同等かと言われると怪しい所なので、単純に攻撃力+○○は足していいってもんじゃなさそうですね。

昔仕様変更でエリクサーの表記を統一は来たのですが、他の数値については統一されれいるかどうか分からないので、あんまり表記通りに信じないほうが良さそうですね。

ただ、どれとどれが同等に考えていいものか深く考えだすと、色々検証やら計算やら大変そうですので、今まで通り基本体感でやっていこと思います。

 

 

人間種族のMOBを相手にする場合はモンスターという枠組みから外れるらしく、
モンスター追加攻撃力が機能せず基本ヌーベル優位になるらしいです。
(ガハーズ盗賊団、カドリー廃墟、フィラ・ク監獄の一部、とかが人間種族該当)
※ゲーム内にて上記のように教わりました。なので「らしい」です。

人間族のモンスターは、モンスター追加攻撃力の対象外だった!?

これも衝撃の事実でした。むしろこっちの方がな、なんだってぇ!?感ありましたねw

ブログ主さんも書いてある通り、”あくまでも聞いた話”だそうなので、信じるか信じないかはあなた次第…

モンスター追加攻撃力って言ったら、人間族モンスターも当然入る。

当然の様にそう思っていたので、まさか対象外だったなんで思いもしなかった…

考え方を変える良いきっかけになりましたね。

ということは、狩場次第ではヌーベル欲しくなりそうですね。これから人間族の狩場が出てくればヌーベルクツムの立ち位置も変わってくるかもしれませんね。

これについても色々書きたいことがあるので、そのうち記事にしたいですね。

 

 

ではでは~ノシ

 




いいね!と思ったらポチッとお願いしますm(__)m

↑ファンサイト登録しました。リンク先の♡ボタンを押してくださると励みになりますm(_ _)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

いいねぇぇぇぇぇ!!!! 6
読み込み中...