他サイト様RSS

広告

≪黒い砂漠≫2021年5月7日 テストサーバーアップデート(侵食の結界、保安官システム)

黒い砂漠

2021年5月7日 テストサーバーでアップデートがありました。

スキル調整は主にセージになりますので、スキル名翻訳して載せておきます。

また、AD+1あがる侵食の結界の実装や、保安官システムなども翻訳して載せておきます。

他にもアップデートがあるので、気になる方はアップデートページをご覧ください。

注意

テストサーバーの情報なので、日本実装時には変わる場合があります。

また、一部意訳を含む場合があります。

誤訳があるかもしれませんので、あくまでも参考程度にご覧ください。

何か分からない事、間違いがあればお気軽にコメントください。

侵食の結界

●侵食の結界コンテンツが追加されました。
-絶望の神、ハドゥムがセレンディア神殿の悪霊、クザカの巣まで手を伸ばしました。
悪霊、クザカはハドゥムの蚕食を振り切って抵抗するために激しく暴走します。
そこでグリッシー村の地下に位置するアヒブリージェンティーはクザカを眠らせ、その暴走を防ぎ、クザカを束ねた侵食の結界を壊す偉大な冒険家を募集し始めます。
-ハドゥムがクザカを束ねるために置いた侵食の結界は、その隙間を許さず、3人だけがクザカ解放に参加することができます。ただし、侵害の結界がさらに強化されると、一人で勇気を出して参加します。
-ハドゥムを振り払うために暴走したクザカはとても強力で、恐ろしいスキルを使用しますが、その分生命力が非常に低くなった状態です。
-侵食の結界はエルビアサーバーで毎週依頼を介して進行することができ、結界によって5段階に分類されます。最初の段階からじわじわ挑戦することができ、最初は3人一緒にすることができますが、最後の4〜5つのステップは、一人で挑戦します。
-すべての挑戦には、7分の時間制限が与えられます。7分以内に討伐こそ報酬を得ることができます。
※ただし、このコンテンツは、公式サーバーのアップデートまで黒い砂漠研究所でプレイすることができませんので、ご了承ください。

侵食の結界補償
1段階クザカのオーラ 10個
クロン石 50個
2段階クザカのオーラ10個
古代精霊の粉250個
3段階クザカのオーラ10
すべての防御力+1(家名適用され、永久)
4段階クザカのオーラ10個
古代精霊の粉250個
最大HP+20(家名適用され、永久)
5段階クザカのオーラ10
すべての攻撃力+1(家名適用され、永久)

私たちは、これまでの装備以外に様々な手段を介して(表記)攻撃力と防御力を上げることができる手段を追加してきました。
あまりに装備に集中しすぎるのではなく、いろんなの方向からも成長が可能なようにして新たな目標を持ってゲームを楽しんでもらいたかったからです。
今回の「侵食の結界」も、このような一環として追加され、ワー​​ルドボスと1:1で勝負してみたいという小さな意見を皮切りに再現してみました。
侵食の結界クザカは非常に強力ですが、三人もしくは一人で討伐ができる程度にデザインされており、挑戦に意味を置いて7分という時間内に処置すると討伐に成功します。

補足

表記ADが1づつあがる課題です。

テストサーバーでは予告のみでまだ未実装なので、公式実装まで詳細不明です。

悪人と現象手配

正義を実現し、平和を守る小市民のヒーローになりたいなら、すべてをかけてでも復讐したい対象がいるなら、終末の月ギルドを探してください。 黒い砂漠に懸賞手配システムがアップデートされました。

終末の月ギルドが正義感溢れる冒険家を「保安官」として募集しています。 簡単ではあるが、決して簡単ではない若干の依頼で自分の武力を証明しさえすれば、誰でも正義ある保安官になることができます。

保安官は、後で詳しく説明する「悪人」と「手配者」の通報を受けることができます。 そして彼らを制圧して「名声」を獲得できます。 獲得したリストは、シーズン制で運営されるセキュリティ官ランキングに反映され、シーズンが終了するとランキングに比例して特別な報酬と交換できるコイン類アイテムが支給されます。 特別な補償とは… 正義の使徒にふさわしい素敵な保安官衣装になりそうですね。

そして、これからボタンで活性化される強制攻撃で、他の冒険家に危害を加えると、性向の他にも「悪名」と呼ばれる数値が増えることになります。 悪名数値は、攻撃する冒険家と攻撃を受けた冒険家の装備レベルが反映された形で適用されます。 「悪名は性向とは別に動作するため、性向がプラスに回復しても悪名は初期化されません。

悪名が生じた冒険家は、「悪人」に分類されます。 後述する保安官に死亡した悪人は監獄に移送され、砂漠から移送された無法者のように脱獄に成功したり割り当てられた労働量を満たせば、元の位置に戻ることになります。

悪名数値は保安官に死亡するか、終末の月ギルドに多額の身代金を支払う以外、回復手段がありません。 悪人は、自分に残った悪名の数値がいくらなのか確認できず、支払われた身代金と関係なく悪名はランダムで減少するため、この手段は非常に非効率的でしょう。

他人を強制的に苦しめられ悪人にされた冒険家の方々は、今では常に周囲を警戒し、いつ襲ってくるか分からない保安官を恐れなければなりません。 冒険家の皆様は、いつでも「情報提供」メニューを通じて、周囲にいる悪人または指名手配の人物の位置を保安官に知らせることができます。 悪人が情報提供されると、該当サーバーのセキュリティ官に通知メッセージが表示され、情報提供された位置がワールドマップで確認できます。

そして冒険家の皆様は、いつでも自分を死に至らしめた冒険家を対象に、終末の月ギルドで懸賞手配を申し込むことができます。 「指名手配者」となった冒険家は、悪人情報提供時に強調されたアイコンで表示されます。 懸賞手配にかける金額は上限がなく、一度に最大5回まで処置を依頼できます。 依頼が完了すると、懸賞金は終末の月ギルドですべて修理し、処置した保安官には懸賞金に比例して銘望数値が支給されます。

● 懸賞手配されている悪人を検挙する保安官コンテンツが追加されました。

悪人
●強制戦闘で先攻したキャラクターは一定量の悪名が増加します。
– 悪名が増加したキャラクターは悪人になり、悪名はキャラクター単位で適用されます。
●強制戦闘で攻撃した対象が10秒以内に死亡すると、最後に打撃した時の自分と相手の攻撃力、防御力の数値が反映される分悪名数値が上昇します。
●相手との攻撃力、防御力の差が大きいほど悪名が大きく増加します。
●最大に増加できる悪名数値の上限があります。
● 悪人や懸賞手配犯は、町でも保安官に打撃を受けることがあります。
●悪名は次の2通りの方法により減少させることができます。
1. 終末の月ギルドNPCで1回当たり3,000万銀貨を消費して減少させます。
– ただし、回復する数値は無作為です。
2. 保安官に処置された時、一定量減少され、復活時、監獄に移送され、貿易関連アイテムはすべて破壊されます。
– ただし、同じ保安官には1日に1度のみ悪名が差し引かれます。

栽培コンテンツ調整

栽培している農家の話では、最近黄金色の外見をしたモグラが出没するという噂が流れています。

– 巨大モグラが登場すると、非常に低い確率で<素早い>黄金モグラが登場します。
– 黄金モグラは他のモグラと違ってもっと早く逃げるので、急いで追いかけてください。
– 黄金モグラは登場する前、周辺に多くの土ぼこりが発生しますが、そのうちの1ヵ所だけで黄金モグラが出没します。
– 黄金モグラを捕まえると、特別な材料を消耗してペットとして一緒にすることができます。
– 黄金モグラを追加獲得すると、黄金モグラ同士の’交換’で世代をアップすることができます。

家庭菜園にモグラが登場するようにするパッチ以降、多くの方に喜んでいただきましたが、一度握って終わるのが本当に残念でした。
そこでモグラの希少種である「黄金モグラ」を追加しました。 黄金モグラは非常に低い確率で登場しますが、出現時に捕獲すると特別な材料を消費してペットに飼い慣らされます。 また、この黄金モグラは、追加で捕獲した際にお互いに交換して、世代を上げることもできます。

キャラクターバランス調整

先週の各キャラクターのパッチ以降、複数冒険方に大小の意見を受けています。
常に様々な意見感謝し、私たちが判断して反映することができるもの最大限考慮して、今後の更新していきます。
また、来週に引き続きすべてのキャラクターのPvE調整がある予定がありますのでご参考お願いします。

ソーサレス

●闇の精霊:亡者蹂躙技術が闇の精霊スキルロック以降も使用されている現象が修正されました。

ウィッチ

●サンダーストライクスキルのカメラの振動の効果が一部減少しました。

ダークナイト

●強:カーマスリビアの魅了I〜IIIスキルの宵闇スキルを使用した後の攻撃の連携が特定の方向から発動されなかった現象が修正されました。
●強:カーマスリビアの魅了I〜IIIスキルの宵闇スキルを使用した後の攻撃の連携が、実際のスキル説明に合わせて集め中発動が可能なように変更されました。

セージ

先週韓国公式サーバーにキャラクター関連の履歴が更新された後に、それは本当に多くの追加のコメントをいただきました。その中で最も多くの意見はやはり伝承セージの力強さでした。私たちは、過去のパッチを使用して強力な性能を持った「亀裂の環」を再使用待機時間に使用したときの視野に見えるように調整しましたが、それにもかかわらず相対的に簡単な操作と恐ろしいダメージ量によってキャラクター全体の大小の調整にもかかわらず、伝承セージはあまりに目立つ性能を発揮しました。
実際のデータでも、赤い戦場をはじめとする大規模な戦闘でダメージとキル/死亡率などがセージのほかのキャラクターに比べて約2.5倍以上高いほどでした。さらなる調整が必要であると判断し、もう一度下方調整をするようになりました。

まず、「亀裂の環」は、現在再使用待機時間に使用したとき無敵区間がスーパーアーマー区間(再使用待機時間がない場合には、そのまま無敵)に変更されます。とても強力な性能の技術であるだけに、これは先行しなければならないと判断したからです。ただし伝承セージは体力が少ない代わりに、強力な破壊力を謳歌するように、この方式が色あせないように「亀裂の環」を使用すると、防御力増加バフとキャッチ抵抗バフが追加で適用されるようにしました。

従来に比べてリスクが大きくなる分、強力な破壊力を示すために、既存より慎重に機会を狙うことが重要になります。
さらに空虚の関門と大崩壊スキルの場合には、非常に強力な破壊力を出すことができるスキルでデザインされたが、私たちが思っていた以上に過度なPvPダメージを与えています。これに対し最低一つのスキルだけで相手を殺すことはできないように、2つのスキルのダメージ量を下方修正しています。

伝承

●強:亀裂の環スキルを再使用待機時間中に使用する場合、スーパーアーマー防御判定が適用されるように変更されました。
●強:亀裂の環スキルを使用時2秒間すべての防御力20増加、キャッチ抵抗30%増加効果が適用されるようになりました。
●コンボ:最後のいざないスキルに再使用待機時間17秒追加されました。
●カイヴ制御スキルを介して強:時空加速スキルの効果を累積することができる条件は、次の状況でのみ可能なように変更されました。
-所定の位置攻撃2打撃と最後の打撃
-前進攻撃3打撃と5打撃
-左右の攻撃3打撃
-ジャンプ攻撃
●次のスキルのPvPダメージが減少しました。
-強:空虚の関門技術-以前に比べ14%減少しました
-強:大崩壊I〜IV -以前に比べ18%減少しました
 

覚醒

●逆光の殲滅スキルを使用時に、10秒間すべての命中率増加+ 9%効果が追加されました。
●覚醒武器で主な武器であり、主な武器で覚醒武器に切り替えた直後に使用する技術がスムーズに連携するように改善されました。
●閃光化スキルを使用時のカメラ方向にキャラクターが回転するように改善されました。
●コンボ:余罪の追及技術が高いところにある敵を攻撃することができるようになりました。
●過充電状態である場合閃光化スキルを再使用待機時間中にも発動できるように改善しました。
●主な武器の状態で閃光化スキルを使用できるようになりました。
●抑留スキルでキャッチ成功時より速く相手を攻撃するようになりました。
●断続的に逆光の殲滅スキルを使用時ああキャノン効果が発動されなかった現象が修正されました。
●亀裂の環スキルのエフェクト効果が低いグラフィックスの品質も正常に露出するように修正されました。
●セージクラスに覚醒依頼中入場できるプロトキア地域で死亡した場合には、「近い安全地帯で復活"を通って、その場所で復活できるように変更されました。
●次のスキルを使用した後溢れ出る力スキルに連携時、前方に攻撃するように変更されました。
-閃光突破使用中、後方回避
-逆光の殲滅
-残雷
-雷流の鎖

今回は以上です。





いいねぇぇぇぇぇ!!!! 11
読み込み中...
ブログランキング・にほんブログ村へ

↓ファンサイトリンク登録中 リンク先の♡を押して貰えるとモチベアップです