他サイト様RSS

広告

≪黒い砂漠≫レッドノーズアーマーの可能性

小ネタ, 黒い砂漠

先日、死んだ神の鎧の作成方法をまとめました↓

しかし、改めて調べてみると気になる事があったのでここにまとめておきます。

あくまでinvenやBDO CODEXの情報をもとにしています。

実際に韓国サーバーで作成した訳では無いので、参考程度に見てください。

間違い、誤訳、不明な点があればお気軽にコメントください。

 

 

その気になる事と言うのが

レッドノーズアーマーと愚鈍の真Ⅴの必要カプラス数が違うんじゃないか?

愚鈍は他のギアス、ベグなどよりはカプラス必要数が多いことは知っていたんだけど、愚鈍だから特別多いんじゃなくて、胴装備だから他部位より多いんだと思っていました。

でも、よく調べてみると必要カプラス数が多いのは愚鈍のみで、レッドノーズはベグ、ギアス、マスカン、グリ、ウルゴン、リブルと同じ個数らしい。

となると作成方法は一部訂正で、

②レッドノーズ鎧真Ⅴカプラス10段(カプ8260個)+失望の炎
②レッドノーズ鎧真Ⅴカプラス10段(カプ7,224個)+失望の炎

訂正後の7,224個が10段階までに必要な個数になりそうです。すみませんm(__)m

愚鈍より1036個少ないので、死んだ神の鎧に進化させる事だけを考えるのであればレッドノーズのほうがコストが安く済みそうです。

 

そうなるとレッドノーズ優遇過ぎて何か裏があるんじゃないかと思えてくる。

例えば愚鈍は10段だけど、レッドノーズは11段を要求されるとか。

そういう事もあり得るので、BDO CODEXで分かる範囲ですが再度確認。

[製作]死んだ神の鎧 – レッドノーズの鎧
[製作]死んだ神の鎧 – 愚鈍の木の精霊の鎧

 

こちらを見る感じ、どちらも要求は『真Ⅴのカプラス10段の装備』と『失望の炎』と変わりはない。

実際にゲーム内で確認しているわけじゃないので、何とも言えないけどレッドノーズ真Ⅴのほうがコスパ良い説は濃厚ですね。

 

 

 

ということで、レッドノーズ真Ⅲを予約したらすぐ買えた。

 

 

 

 

 

な ん か で き た

ぬるさばすまねぇ…

 

まだカプラス入れてないけど、0段階→1段階に必要なカプラス数が192個なので、愚鈍より少な目ですね。

BDO CODEX通りベグ、ギアスなどと必要数は同じのようです。

愚鈍Vは実際に確認したわけではありませんので、どこかのメンテで必要カプラス数が減っている可能性もあります。

 

↑レッドノーズ 真Ⅳ→真Ⅴ 必要クロン数429個

 

↑愚鈍 真Ⅳ→真Ⅴ 必要クロン数493個

確率違うのはスタックが違うだけで、どちらも同スタックでの強化確率は同じです。

 

必要なクロンの個数が64個少ないので、真Ⅴチャレンジでクロンを使う場合はレッドノーズのほうが安くチャレンジできますね。

 

レッドノーズアーマーの超強化ネタや、レッドノーズ買い占め急げ~ など、散々愚鈍の下位互換としてネタにされてきましたが、ついに日の目を見る時が来ましたね。

というか、元々カプラスの必要個数少ないなら、愚鈍よりカプラス段階が上げやすいわけで完全に下位互換って訳では無かったんですね。

 

ぬるさばで鎧の用意ができたので、あとはひたすらカプラス集めに徹したいと思います。

ちなみに現在のカプラス203個

あと7000個ちょい…( ˘ω˘)スヤァ

 

ではでは~ノシ

 

いいね!と思ったらポチッとお願いしますm(__)m
ブログランキング・にほんブログ村へ

いいねぇぇぇぇぇ!!!! 5
読み込み中...